中古マンションを初めて購入しました。賃貸マンションからの住み替えだったので、余分な家賃が発生するのを抑えるためには、購入後できるだけすみやかに引越しをする必要がありました。とはいっても、購入したのは築10年超えの中古マンションで、それなりにリフォームの必要な箇所もあるため、それが終わった後に入居することになります。

マンションの購入手続きと平行して、リフォームをどのようにするかについての話し合いも、リフォーム業者を交えて行われました。床や壁を全面的に張替え、水回り設備にリフォームを施すと、予算を大きくオーバーし、かつリフォーム工事もおおがかりなものとなってそれだけ日数がかかります。

私たちはそれほど新築同様の状態にするリフォームにはこだわらなかったので、何とか必要最小限のリフォームにして早く入居したいと思いました。そのため業者から提案された案をどんどん削る形で、最終的にどうにか自分たちの希望に近づけることができました。

日程にゆとりがあればあれこれ悩みながらリフォームを考えるのも楽しいものですが、短期間で進めたい時には、あらかじめ購入後のリフォームに関しても考えをまとめておくことが必要だと痛感しました。