家を建てると言うことは、人生の中でほんとに1番というくらい大きな買い物になります。
大きな買い物はすぐにはできないので、住宅ローンを組むことになります。住宅ローンを組むことにして私たち夫婦は金利の安い、少しでもお得な銀行をいろいろと探しました。
そして主人の会社が紹介してくれた銀行に決めて、住宅ローンの金利が低い時代なのではないかと契約をしました。
その後これまでずっと底値なのではないかというくらい安かった金利がどんどん上がっていってしまいました。
社会情勢や、経済の変化によって、金利はいきなり上がったりするのだなと思いました。
また金利が上がってから、私たちのリフォームではたまたま市から助成金が出るかもしれないと言うことが分かり、また初めから契約をやり直せば助成金が出ることになったのですが私たちは、契約をもう初めからする気にはなれませんでした。
また住宅ローンをはじめから契約し直すと、金利が上がってしまっていたので、あまりメリットがないことが分かりましたし、そしてもう工事が始まりそうな時期だったので、それを助成金が欲しいからといって、工事をするのを遅らせると、もう決まっていた大工さんたちが変わってしまう可能性もありました。もっと早い時期に助成金のことが分かっていれば、良かったのですが、気づくのが遅かったので仕方ないということで、今回は諦めてしまいました。