住宅ローンも他のローンと同様、借金の一種なので、借入後に返済をしなければなりません。住宅ローンの返済は毎月一定額返済していくことになります。そのため借入元金の他、利息を支払わなければなりません。

住宅ローンで発生する利息の額は、金利によって決まります。そして住宅ローンには金利が固定されているものと変動するものがありますが、前者を選んだほうがよいでしょう。固定金利の住宅ローンを選ぶ際、二つのメリットを享受できるからです。

一つ目のメリットは金利上昇リスクを防げることです。変動金利を選択した場合、金利が上昇してしまうとそれに伴って利息額も多くなってしまいます。しかし固定金利の場合であれば、金利は一定のままです。そのため金利が上昇しても発生する利息額は変わりません。

二つ目のメリットは、返済計画を立てやすいことがあげられます。金利が返済期間一定なので、将来どのくらい返済すればよいのか計算することができます。返済計画を立てられると払えなくなるリスクも抑えられる効果もあります。