マンションリフォームの注意点について

以前、マンションのお風呂のリフォームをしましたよくリフォームのことを調べると、
マンションの場合は一戸建て住宅とは違い、個人で勝手にリフォームしてはいけない部分があったり、逆に自由にリフォームしてしていいところがあります。

マンションだからこそやりやすい部分もありますし、難しい部分もあります。そのため、あらかじめリフォームできる範囲をしっかり確認することが大事です。

マンションの場合は「区分所有法」という法律に沿って作られた管理規約と使用細則というものがあります。

これは、所有者がそれぞれ快適に暮らせるようにと決められているものなので、住人はそれを守って工事をしなくてはなりません。

管理規約によっても若干違うかと思いますが、マンションのリフォームできる範囲は決まっていて個人の「専有部分」に限られており、「共用部分」「専用使用部分」はリフォームではできないので注意する必要があります。

では、「専用使用部分」とはどこの部分になるのでしょうか?

それは住んでいる居住者が普段、専用に使用している「共用部分」のことを指します。ベランダ・玄関扉・サッシなどがそれにあたります。

「サッシのカギ」や「網戸」などは専用使用部分に含まれますので、網戸の張り替えや、ガラスが割れた時の交換や、カギの交換などのメンテナンスは持ち主がするように決められているのですが、基本的には共用部分になるのでリフォームはできません。

また、マンションの管理規約には、工事のやり方、工事をする前には申請・許可をもらう、工事に使う材用の指定などが決められていることがあります。

規約によっては理にかなっていない場合もありますので、細かくチェックすることが大切です。

またマンションの場合、購入した不動産が統一されている可能性が比較的高いため、その場合同じ金融機関でローンを返済をしていることがほとんどです。ご近所さんが「金利が高くて」と借り換えをされたことがあるのならば、ご自身の住宅ローンの返済状況を一度確認をすることをお勧めします。マンション住民のみなさん全員が、金利4%の金融公庫で住宅ローンを組んでいる可能性だってあるわけです。こういった情報もマンションならでは、しっかりと「共有」をしていきましょう。

ページランク別相互リンク集 /相互リンクダイレクト /相互リンク /相互リンク募集中 /相互リンク募集サイト /童話集 /オーディオ /MY2-Link /アフィリエイト相互リンク /JALカード /相互リンク研究会 /英語上達の秘訣 /女性の人生 /内職 アルバイト /お家の見直ししま専科